三日月ブランコ

とある器用貧乏の日常。

キーリ

◆ラノベのお話 電撃小説大賞の受賞作は2008年の第15回(アクセル・ワールド)までしか読んでないんですが 第11回(ルカ)あたりから受賞作の方向性が変わってきたんですよね。 第10回(塩の街)まではキャラクターの魅力だとか文章力だとか そういったものも含めた総合点での受賞だったのが 第11回からは設定の斬新さとストーリーの質だけになってるような感じ。 ブギーポップやキーリ、リングテイルみたいなこれこそ受賞作...

 09, 2013   0
Category  読書