三日月ブランコ

とある器用貧乏の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の名前に真剣なのはいいことだと思うよ

 お友達の夫婦(の嫁)に

 「旦那が今度生まれる子供に変な名前付けようとするんだけど!」

 と相談を持ちかけられたので、話を聞いていたところ
 随分と旦那の付けようとしてる名前に激怒していたので
 とりあえず落ち着かせようとしていたところ

 (。◟‸◞。友)「ねぇ、『遥』と『美羽』、どっちがいいと思う!?」

 と聞かれてしまい、逃げ場がなくなる私!
 ていうか旦那か嫁のどっちかがキラキラネーム()付けようとしてるのかと思ったら
 どっちも割りと普通の名前じゃない!







 ・・・ここで間違えてはいけない(;`・ω・´)

 片方は明らかに旦那の考えた名前です。
 激怒してるということはきっと口に出すのも嫌な名前のはず・・・
 と言うことは先に言った「遥」の方が嫁が考えた名前である可能性が高い(;`・ω・´)



 (私´・ω・)「遥・・・かな・・・」

 (。◟‸◞。友)「だよねーーーー」



 二択に勝った!やった!
 これで地雷は突破したんだ!



 (私´・ω・)「まぁ美羽も可愛いよね」←地雷

 (。◟‸◞。友)「はっ???」



 ・・・我ながらなんでこんなことを言ったのだろうか(´・ω・`)

 今回のことから

 ※難関を突破した直後に気を抜くのはやめましょう
 ※やった!→やってない現象は現実でも起こります


 ということを学びました。



 ★



 ちなみに最終的に『美羽』に落ち着いたそうです(o'v'o)
 結果オーライ☆


 でもまだ子供の性別が分かってないと聞いて
 吹き出したのはここだけのひみつです。
関連記事

- 1 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013/09/06 (Fri) 12:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。