三日月ブランコ

とある器用貧乏の日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冥府エルフの研究

 覚書も兼ねて。
 現在使用中の冥府エルフデッキレシピ。

 


 冥府エルフの形として理想なのは、《冥府への道》での勝利ルートがサブルートになることだと考えていて、これまではコンボ寄りやテンポ寄りで試していたのですが、《根源への回帰》の弱体により、思った以上に冥府ルートに頼らなくてはならなくなってしまいました。
 現在は冥府ルートとリノセウスルート半々程度を目処に構築しています。




《ワルツフェアリー》の採用

 4枚目の《フェアリーウィスパラー》としての役割で採用しています。
 手札の枚数を維持することが重要な冥府エルフにとって、フェアリー生成系のカードは非常に重要な役割を持ちます。

 他の候補としてはデッキを回せる《ベルエンジェル》もありますが、《ベルエンジェル》はただでさえ盤面の弱い冥府エルフの盤面をさらに弱くするカードなので、使い所が難しく、現在は採用を見送っています。




《太古の森神》の採用

 手札の枚数を維持する冥府エルフとの相性の良いカードです。

 疾走ビショップの全盛期では《ウルズ》や《死の舞踏》で対処されやすかった為に、採用しづらかったカードなのですが、現環境では疾走ビショップの数が落ち着いたこと。そして縦の除去より横の除去が意識されていることで、環境的に強いカードと言えます。

 また、強力な単体除去を積みづらい冥府エルフの単体除去としても使えますし、このカードを採用してない冥府エルフとのミラーマッチでは、有利に試合を運べることが多くなります。

 《フェアリービースト》を一枚減らして、《太古の森神》を増やしてもいいのですが、アグロタイプのデッキに対して受からなくなるのがネックなので、現在の枚数に落ち着きました。




《エルフの少女・リザ》の採用

 超越ウィッチへの対抗策、序盤に強い2/2/2のカードとして一枚採用していますが、一枚では不十分であり、かと言って二枚以上は冥府エルフでは腐りやすく、コンセプトにマッチしません。この枠はまだ考える余地がありそうです。




《クリスタリアプリンセス・ティア》の枚数

 このカードは、非常にカードパワーが高いのですが、手札を消費するという観点から冥府エルフとは相性が良くないカードです。
 盤面は取りやすくなるので採用していますが、積極的に使うべきカードではないという理由から一枚です。



《森の意志》の枚数

 気軽に使え、気軽に《新たなる運命》で流せるAOEとして。

 現在の冥府エルフを象徴するカードです。
 冥府エルフはどうしても盤面が弱くなりやすいデッキなので、このカードで誤魔化しながら遅延していきます。

 三枚は事故率も上がりますが、《新たなる運命》で流しづらいカードになると途端に使い勝手が落ちるので、現状は三枚がマストだと考えています。




《翅の輝き》の枚数

 このカードは序盤に腐りがちで、中盤、終盤に強いカードです。
 《エルフの少女・リザ》の枠は、以前は三枚目の翅の輝きだったのですが、序盤ではあまり引きたいカードではないので、現在は二枚にしています。




《ウォーターフェアリー》の不採用

 ラストワードでフェアリーを生成できる為、冥府エルフのコンセプトにもマッチしており、また《ウォーターフェアリー》がいないことで、《エンシェントエルフ》4/5が作りづらくなるので、出来れば採用したいカードなのですが、カードパワーが弱く、中盤以降に引くと非常に弱いカードです。

 不採用一択のカードではないですが、優先度の低さから他のカードの代わりに弾かれやすいカードですね。







総評

 長くなりましたが、このような考えで構築しています。
 ちょくちょく中身をいじりながらなのであんまりアテになりませんが、勝率は6割~6割5分程度。

 冥府エルフはプレイング難度が高く、プレイヤーで差が出やすいデッキです。
 私自身、後から自分のプレイを見返すとミスに気づくことも多いのでまだまだなのですが、難しいデッキほどやり甲斐があるので気に入っています。




 次回はロイヤルかビショップあたり。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。